無料ブログはココログ

« 中国語の発音(平成20年8月20日更新) | トップページ | 農地買収:仮登記で耕作放棄拡大 農水省把握せず(平成20年9月1日更新) »

2008年8月27日 (水)

卓球 北京オリンピック 男子シングルス、馬琳選手が悲願の金メダル

卓球 北京オリンピック 男子シングルス、馬琳選手が悲願の金メダル

北京大学体育館を埋め尽くした超満員の観客が、1人の男に喝采をおくっている。その拍手と歓声は、男が会場をあとにするまで鳴りやむことはなかった。
 男の名は、馬琳。北京オリンピック卓球競技の最終日、最後の試合となった男子シングルス決勝で、同僚の王皓を4対1で下し、金メダルに輝いた男だ。
 馬琳は第5ゲームに10-9でマッチポイントを握り、フォアクロスのドライブの打ち合いで得点し、金メダルを決めた。最後の1本が力強いラリー戦で決まったため、観客の興奮はこの大会で1番のものになった。馬琳は王皓のドライブがミスとわかった直後、ガッツポーズではなく小さな笑みを見せた。そしてウエアをまくり上げ、胸に付けられている国旗に口づけをすると、ここで初めて拳を突き上げて、大きなガッツポーズを見せた。
 ガッツポーズのあと、馬琳は人目をはばからず泣いた。泣き顔を見られたくないのか、タオルで顔を覆いながら、しばらくの間顔を見せなかった。
 馬琳の涙は、母国で初めての開催となった北京オリンピックで金メダルを獲得したうれしさだけではない。これまで世界選手権大会の男子シングルスで3度決勝に進みながら、その全てに負けて、「馬琳は世界チャンピオンになれない」と言われ続け、それがまるで呪縛のように彼から優勝の2文字を遠ざけていた。
 しかし、世界中の人々が注目し、13億人の同胞の夢と言われる北京オリンピックで金メダルを獲得し、長い呪縛を自らのプレーで解いた。北京オリンピックの金メダルは、これまでの彼の悔しさを吹き飛ばしたことだろう。(以下略)(http://www.butterfly.co.jp/championship/beijing/

卓球、北京オリンピック男子シングルス決勝のテレビ放映は、日曜日の午前中に録画で、BSで放映された。この放映を見るに当たって、あえて結果を事前に知ることができないようにした。前日から、オリンピック関係のテレビ放映を避け、当日の新聞もオリンピック関係を読み飛ばした。

ライブで見れないのが、世界選手権とオリンピックの違いでもある。世界選手権の場合、予選の一部からスカパーなどでライブで見れる。ちなみに今回のオリンピックで録画で残すのは、男子シングルス決勝だけだ。

2005年、2007年の世界選手権決勝で、馬琳選手が敗れた試合は、ライブに近い形でみることができ、いずれの試合も勝ってもおかしくはない試合だった。特に2007年の決勝は、セットカウント3-1 4ゲーム目 7-1から大逆転された試合だった。

馬琳選手の相手の同じ中国の王皓選手も馬琳選手同様ペンホルダーだが、そのプレスタイルは、シェイクハンドとほとんど同じであるので、私が参考にすることはほとんどない。対して、馬琳選手は、従来型のオールフォアの卓球を基本に裏面打法など最新のテクニックを取り入れたプレースタイルだ。

私としては、一部裏面打法などの取り組んでいるので、応援するのは当然馬琳選手。

決勝は、随時、馬琳選手のペースですすんで、セットカウント 4-1 5ゲーム目11-9で最後は、馬琳選手が勝利した。言葉ではあらわせないが、感動的な場面だった。

司法書士 藤村和也 

ホームページ http://homepage2.nifty.com/sihoushosi-fujimura/

« 中国語の発音(平成20年8月20日更新) | トップページ | 農地買収:仮登記で耕作放棄拡大 農水省把握せず(平成20年9月1日更新) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516015/42289970

この記事へのトラックバック一覧です: 卓球 北京オリンピック 男子シングルス、馬琳選手が悲願の金メダル:

« 中国語の発音(平成20年8月20日更新) | トップページ | 農地買収:仮登記で耕作放棄拡大 農水省把握せず(平成20年9月1日更新) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31