無料ブログはココログ

« 強い日本女子卓球(平成18年4月28日更新) 以前のホームページより | トップページ | アース(映画)(平成20年2月7日更新)以前のホームページより »

2009年6月10日 (水)

一球の選択 フォア・ザ・チーム(平成18年5月16日更新)以前のホームページより

平成18514日上尾の市民体育官で、4シングル、1ダブルス(1番、2番、4番、5番がシングル、3番がダブルスの試合で、3点先取で勝ち)の団体戦にフルセット(チーム名)から、出場させていただきました。

8日の週の中頃から、左肩が痛くなり、医師から、肩を極力上げないようにと言われました。結局、土曜日の午前に基本練習、午後にゲーム練習をし、ろくにトレーニングもしないで試合に臨むことになりました。でも、土曜日のゲーム練習は、比較的調子は良かったです。

514日の試合は、基本的にシングルとダブルスの両方に出場させていただきました。この日の試合については、「フォア・ザ・チーム チームのために試合をする」と決めていました。

1試合目から、いまいちの調子でした。試合の展開としては、私のドライブは、ほとんど一発で抜けるので、得点できましたが、カット型(守備系)相手の攻撃に最後まで嫌な感じがありました。5ゲーム目に、マッチポイントをとられましたが、なんとか逆転し、勝つことができました。2番井川さんが勝ち、3番ダブルス(私と長田さん 以下、同じ)も勝つことができました。

2試合目、私は、1番にでましたが、ボロクソに高校生に0-3で負けました。2番の井川さんも負けました。3番ダブルスは、何とか3-1で勝ちました。4番の試合は、私が審判をしていましたが、ほとんど負けている試合でしたが、真鍋さんが0-2から、相手にマッチポイントを奪われながらも逆転、5番も長田さんが3-1で勝ち、0-2から、逆転勝利をしました。おかげで、予選を1位通過することができました。これが、大きな意味を持ちました。

決勝トーナメント準々決勝では、1番で井川さんが2-3で負けましたが、2番真鍋さん、3番ダブルス、4番私が勝ち、勝利を収めました。

準決勝は、ちょっと厳しいかなと思いました。私のシングル、ダブルスでの勝利が絶対条件でした。時間の都合で、4つのシングルを同時にし、2-2の場合にダブルスを行うことになりました。

「チームのためにも、勝たなければ」強く感じていました。すごい接戦になりました。2-25ゲーム目、私は、8-4で勝っていました。ここで、私は、一球の選択を過りました。そこで、戦術変更する必要がないにもかかわらず、勝負を決めようと、レシーブで、裏面フリックを使いミスをし、立て続けに、8-9にまで逆転され、9-10にもなりました。この試合は、チームメイトが応援してくれていたので、このような状況でも弱気になることはありませんでした。最終的に、逆転勝利し、2-2-になり、最後のダブルスも3-1で勝つことができました。

決勝は、実力差がありすぎて、勝負になりませんでした。上尾のチームですが、実力は、抜きん出ていました。

この日は、フルセットで相手にマッチポイントを握られながら2試合逆転しました。数週間前から、基本練習の中に、15分連続台の端から端までするオールフォアのドライブのフットワーク練習を取り入れました。だいたい650球(1分に43球)打つと終了です。ピッチ的には、決して早くはありませんが、半分位打っていると息が上がり、顔には、汗が落ちてきます。しょっぱい汗が、口に入ってきます。足が、痛くなります。この練習とすることによって、足が動くようになり、また、少なからず、苦しいと感じる練習としたことで、逆転できたと感じています。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

« 強い日本女子卓球(平成18年4月28日更新) 以前のホームページより | トップページ | アース(映画)(平成20年2月7日更新)以前のホームページより »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516015/45297327

この記事へのトラックバック一覧です: 一球の選択 フォア・ザ・チーム(平成18年5月16日更新)以前のホームページより:

« 強い日本女子卓球(平成18年4月28日更新) 以前のホームページより | トップページ | アース(映画)(平成20年2月7日更新)以前のホームページより »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30