無料ブログはココログ

« 胸の筋肉がないと寂しい | トップページ | 司法書士だって人間だ »

2012年7月27日 (金)

専門家、司法書士としての職務

私が仕事でお付合をさせていただいている方々は、自分で事務所を構えている方が多いです。自分で事務所を構えているということは、黙って収入があるということはありません。利益がないと収入はありません。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

私は、司法書士という専門職についている専門家です。自身をもって言えます。私の司法書士としての言葉には経済的な価値があります。

今日、売買代金決済の立会がありました。書類の確認などをしながら心理的に不安定になる自分を感じた(別に立会に不安があるわけではありません)ので「何をやっているんだ。専門家である自分が心理的に不安になったらお客様が不安がる 自身をもって、堂々と業務をこなすんだ。」と自分に言い聞かせました。

私の一言で買主様は、売主様に不動産の売買代金という大金を支払うのです。私の言動、態度などで不安にさせてはいけません。それが、専門家、司法書士としての自分の職務なのです。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

改めて、お客様の言動、態度、自分の言動、態度などに細心の注意をしなければならないと感じました。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

« 胸の筋肉がないと寂しい | トップページ | 司法書士だって人間だ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専門家、司法書士としての職務:

« 胸の筋肉がないと寂しい | トップページ | 司法書士だって人間だ »