無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

社説:最高裁を軽視 自民党は思い上がるな(毎日新聞)

法で保障された最高裁の違憲審査権に異議をとなえ、軽視するかのような自民党の姿勢にあきれる。

 最高裁が9月、結婚していない男女間の子(婚外子)の遺産相続分を結婚した男女間の子の半分とした民法の相続格差規定について、違憲判断を示した。それを受け、政府は規定を削除し、差別を是正する民法改正案の今国会提出を目指している。だが、自民党の法務部会が「伝統的な家族制度を崩壊させる」として、法案の提出を了承せず、今国会での是正が不透明な状態になっている。

 憲法14条の「法の下の平等」という国民の基本的人権の擁護に基づく最高裁の結論だ。三権分立に照らしても、司法の判断をないがしろにすることは許されない。早急に党内手続きを進め、今国会で法改正を成し遂げねばならない。

 29日の部会での発言を紹介したい。「国権の最高機関が、司法判断が出たからといって、ハイハイと従うわけにはいかない」「自民党として最高裁の判断はおかしいというメッセージを発するべきではないか」「違憲審査権があるからといって、オートマチックには受け入れられない」「最高裁決定によれば、安心して婚外子を産めるようになってしまう」−−などだ。

 もちろん、個々の議員の意見だ。自民党総体としての考え方ではないだろう。最高裁の判断に従うべきだとの声も一部であった。だが、全体として反対意見に押され、部会の結論がまとまっていないのは確かだ。

 自民党よ思い上がるな、と言わざるを得ない。

 日本は法治国家として、憲法の規定で立法、行政、司法の役割や権限を定めている。三権が互いにチェック機能を働かせる中で、国民主権の実現を目指す仕組みだ。違憲審査権に基づく最高裁判断を立法府が尊重するのは当然のことだ。1票の格差問題にも通じるが、三権の一角である司法判断への鈍感さは目に余る。

 自民党の憲法改正草案では、「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として、尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」との規定を新設する。そうした考えに基づき、正妻の相続分の引き上げなどを主張する意見も部会で出た。

 法務省にそれを検討させることを条件に、民法改正案を了承しようという動きもある。だが、交換条件はなじまない。まず、司法の最終結論を立法府が重く受け止める。その上で、必要ならば別途検討するのが筋ではないか。菅義偉官房長官は最高裁の決定後、「厳粛に受け止め、立法的な手当てを早くしたい」と述べていた。自民党総裁である安倍晋三首相のリーダーシップが問われる。http://mainichi.jp/opinion/news/20131031k0000m070144000c.html

今朝、新聞を読んでいると社説のこの記事がありました。先日、地裁の判決があったことを知ったのでより印象的でした。婚外子(非嫡出子)をないがしろにしているとしか思えない対応です。

裁判実務は、既に確定しているので、法律の改正は、さほど重要ではないかも知れないけどやっぱり裁判所をないがしろにしているように思えて仕方がありません。

裁判所を怒らせると、選挙無効なんってことにもなりかねないかも。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

2013年10月30日 (水)

婚外子、平等相続の判決…最高裁決定で東京地裁

結婚していない男女間の子(婚外子)である東京都内の40歳代男性が、結婚した夫婦の子と同額の相続を求めた訴訟で、東京地裁(花村良一裁判長)は28日、婚外子の相続分を半分とした民法の規定を「違憲・無効」とした9月の最高裁決定を踏まえ、男性の請求を認める判決を言い渡した。

 最高裁決定を基に、婚外子に平等な相続を認めた判断は初めてとみられる。自民党内の反対などで、規定を削除する民法改正の動きが滞る中、司法が相続格差の是正を先行させた形だ。

 判決などによると、男性の父親は2006年に死亡。当時、男性は認知されておらず、父親の妻と3人の子供が遺産を相続した。後に男性は婚外子と認められ、11年に提訴した。http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131028-OYT1T01675.htm?from=navr

国会がもたもた(?)しているうちに、、とうとう上記判決がでました。国会がいくら反対しても裁判実務はどうしようもないのだから、さっさと改正すれば良いのに。

昭和48年4月4日刑法200条の尊属殺人の重罰規定を最高裁は、違憲無効としました(初の法律の条文の違憲判断)。最高裁判決後、最高検の通達により尊属殺人は、普通殺人で起訴されていました。この規定については、国会は、平成7年(刑法の口語化)まで放置しました。

無駄な抵抗はやめた方が良いでしょう。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

2013年10月29日 (火)

よくある質問 裁判関係業務 債務名義を取得していますが、具体的な強制執行の可否について教えてください。

mobaqよくある質問 裁判関係業務 債務名義を取得していますが、具体的な強制執行の可否について教えてください。

債務名義を取得していますので、強制的に差押えをできる状況にあります。具体的には、預貯金の差押え、給料の差押えなどができる状況になります。

 しかしながら、預貯金の差押えについては、具体的な金融機関及び本店支店に口座があることが分からない場合には、するにしても一か八かの掛けになります。適当に金融機関、支店等を記載して強制執行の申立をすることになってしまします。実務上、ほとんど空振りで費用倒れです。

 給料の差押えは、債務者の勤務先が分からないとすることができません。

 従って、預貯金については、金融機関及び本支店が分かる場合、給料については勤務先が分かる場合に初めて差押えが事実上可能ということになります。さらに、給料の差押えについては、差押え後に退職してしまった場合、他の勤務先の給料について差押えの効力は及びませんので、再び差押えの必要がでてきます。

 このように、金銭債権の強制執行(差押え)は、実務上、困難な場合がほとんどなので、裁判をするにしても和解によって分割払いで支払ってもらった方が多少損失がでても良い場合が多いです。

 不動産については、差押えが可能ですが、同じように所有の物件が分からないとできないし、あったとしても先順位の担保権者がいる場合がほとんどなので、意味がない場合が多いのです。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

2013年10月28日 (月)

陽だまりの彼女(映画)感想

【ストーリー】

取引相手を訪ねた新人営業マンの浩介(松本潤)は、そこで同じ中学校に通っていた幼なじみの真緒(上野樹里)と10年ぶりの再会を果たす。学年有数のバカとして名をはせ、何かといじめられていた彼女が、当時の姿から想像がつかないほど魅力的な女性になったことに驚く浩介。再会に運命めいたもの感じた二人は惹(ひ)かれ合うようになり、結婚を決意するまでに。だが、真緒は誰にも知られてはならない、とんでもない秘密を持っていて……。

「金曜のバカ」「ボーナス・トラック」などの越谷オサムのベストセラー小説を実写化したラブストーリー。パッとしなかった幼なじみと再会した青年が、魅力的な女性になった彼女と恋に落ちたのを機に、切なくて温かな奇跡の物語が動き出していく。メガホンを取るのは、『僕等がいた』シリーズの新鋭・三木孝浩。『花より男子』シリーズの松本潤と『のだめカンタービレ』シリーズの上野樹里が、主人公のカップルを快演する。舞台となる湘南の魅力を余すところなく捉えたロケ映像も見ものだ。

http://www.aeoncinema.com/cinema2/hanyu/movie/345863/index.html

陽だまりの彼女(映画)をこうのすシネマで見てきました。まあまあ人もいました。コーヒーを片手に見ていましたが、この頃の映画では珍しくほとんど眠くありませんでした(この頃はついつい寝てしまうことが多い、途中が飛んでしまいます)。

途中から、最後の展開が読めてきましたが、最後まで見ることができました。映像技術ってすごいなと思いました。人が「キラキラ」してました。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

2013年10月21日 (月)

おしん(映画)感想

【ストーリー】

明治40年、凶作が原因でひもじい生活を強いられている小作・谷村家は、口減らしのため泣く泣く7歳のおしん(濱田ここね)を奉公に出すことに。奉公先の材木店で朝から晩まで働き通しの毎日を送る彼女は、雪が溶けたら家に帰れると信じてつらい日々を耐え抜く。しかしある時、店の50銭銀貨が紛失してしまいぬれぎぬを着せられたおしんは、雪が吹き荒れる天候の中、自分から店を出ていき……。

NHK連続テレビ小説として放映され、大ブームを巻き起こし、海外でも人気の高い国民的ドラマ「おしん」を映画化。おしんの少女時代に焦点を合わせ、苦しい家計のためにやむなく奉公に出された彼女がさまざまな苦難に見舞われながらも、たくましく生きていく姿を描く。おしん役は、オーディションで選出された新星・濱田ここね、母親役に上戸彩、父親役に稲垣吾郎と多彩な顔ぶれが集結。『星に願いを。 Nights of the Shooting Star』などで知られ山形県出身の冨樫森が監督を務め、極寒の山形県で全てのロケを行った。http://www.aeoncinema.com/cinema2/all/movie/345923/index.html

「おしん」は、小学校の頃に、午後6時からの再放送を無理やり母に見せられたことがあります。祖母の死亡まで見させられましたが、祖母の死のときに泣いたのを覚えています。

映画は、上記まででしたが、珍しく眠くならなかったです。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

2013年10月17日 (木)

基本中の基本

先日、司法書士受験生に「なぜ試験は、住所変更登記」が好きなんだ」と言われました。

私は、「基本中の基本だから 売買、贈与、抵当権抹消もすべて住所変更登記を落とせば、通らない、もう取下げをするしかない 100回申請したら100回通すのが登記だ 

と回答しました。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

2013年10月 1日 (火)

アメトーーーーーーク 掃除大好き芸人

「【アメトーーーーーーク おめぇ顔なげぇーーな 秋の3時間スペシャル】掃除大好き芸人、顔で損してる芸人、結婚したくてしたくてタマらない芸人ゴールデン」が9月26日にやりました。今回は、3時間なので、ーは、6個です(30分で1個らしい 30分時代がーが一個で現在の1時間は、ーーが2個です)。

アメトークは、大好きな番組なのですが、今回の「掃除大好き芸人」はとっても役に立つことばっかりでネットで衝動買いしたものもあります。特に

ほっといて  お風呂用 流し用 トイレ用 

パストリーゼ77

はすげえと思いました。思わず、「ほっといて」は、ネットで買っちゃいました(まだ、着いていません)。「お風呂用」を使用つづけたら、年末の風呂の大掃除が楽そうなので買いました。「流し用」は自宅で使用して効果を見ようと思っています。納豆菌の働きです。

パストリーゼ77は、実は、事務所に置いてあります。以前買ったものですが、ほとんど使用していなかったものが眠っていました。これで、ガラス、窓等を拭くとすごくきれいになって、しかもアルコールが揮発するので、水で拭いたような後が残らないのです。

家電芸人もそうだけど、きっと私みたいに衝動買いした人も多いと思います。

 「空気洗浄機ブルーエアー」もこれ使ったら風邪になりにくいんじゃないかと思い価格を調べましたが、ちょっと高いので悩んでいます。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31