無料ブログはココログ

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月20日 (金)

万能鑑定士Q(映画) 感想

【ストーリー】

名画モナ・リザの40年ぶりとなる再来日が決定し、万能鑑定士Qの店主莉子(綾瀬はるか)が臨時学芸員に抜てきされる。莉子は、彼女の密着取材を続行中の雑誌記者悠斗(松坂桃李)と共にパリへと赴き、ルーヴル美術館で実施された採用テストに無事パスする。莉子は同様にテストに受かった美沙(初音映莉子)と一緒に特別講義に出席するが……。

綾瀬はるかと松坂桃李が共演を果たし、松岡圭祐原作のベストセラーミステリー「万能鑑定士Q」シリーズを映画化した本格ミステリー。「万能鑑定士Qの事件簿IX」を基に、天才的な鑑定眼を持つヒロインが世界的傑作絵画モナ・リザに隠された謎に迫る姿を描く。『ノルウェイの森』『ミツコ感覚』などの初音映莉子や、『くじけないで』などの橋本じゅんらが共演。邦画初となるルーヴル美術館での撮影映像はもとより、衝撃の展開に圧倒される。http://www.aeoncinema.com/cinema2/hanyu/movie/348090/index.html

万能鑑定士Q(映画)をこうのすシネマで見てきました。大分前の「ダビンチ コード」を見ましたが(2は見ていません)、少なくとも「ダビンチ コード」よりは見やすかったです。眠ることはありませんでした(寝ちゃう映画もあるので、寝ちゃう映画は少し面白くないのかも知れません)。

推理あり、、、、、興味深くみることができました。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

2014年6月11日 (水)

とろろ昆布がすごい!隠れネバネバパワーの秘密

先週、アスリエで有酸素運動をしながた、NHKの「ためしてガッテン とろろ昆布がすごい!隠れネバネバパワーの秘密」をみました。

体に良さそうなイメージのあるネバネバ食品
すぐに思い浮かぶのは、納豆、オクラ、長芋などですが、今回の主役は、意外なネバネバ食材です。

それは・・・「とろろ昆布」

一見、そんなにネバネバしたイメージはありませんが、実は、昆布の中に隠れているネバネバ成分を最大限に味わうことのできる、とっても魅力的な食材であることが分かりました!

昆布のうまみ“ネバネバパワー”を極限まで引き出したスーパー食材、「とろろ昆布」「おぼろ昆布」の驚きの世界にご案内します。

とろろ昆布は偶然の産物!?

私の住む北海道・函館が誇る名産品のひとつが「昆布」ダシをとったり、昆布巻きやつくだ煮にして食べたり、和食になくてはならない定番食材ですよね。

でも、今回のテーマは、昆布ではなく「とろろ昆布」
どうしてそのまま食べてもおいしい昆布を、先人たちはわざわざ薄く削ろうと思ったのでしょうか?取材はその不思議を探るところから始まりました。

そしてたどりついたのが、北海道から遠く離れた北陸地方。江戸時代、北海道でとれた昆布を京都まで運ぶ際、経由地となったのが福井県・敦賀でした。
一説によると、長時間かけて運ぶ間に昆布に生えてしまったカビ取り除こうとして、包丁で薄く削ったのが始まりだとか。そうしてできた薄い昆布を試しに食べてみると「うまい!」となったのでしょうね。

そんな偶然の産物・とろろ昆布には、薄く削るからこそ得られる「うまみ」「ネバネバ」がいっぱい。
とろろ昆布の魅力、再発見してみてください!

http://www9.nhk.or.jp/gatten/archives/P20140528.html

見ながらとろろ昆布すげえと思いました。特にガゴメ昆布のネバネバ感もびっくりでした。とろろ昆布は、細胞よりも小さいため、食事をする前に食べれば(汁物に混ぜる)、細胞に入って脂肪の吸引を通常よりも抑えられるとやってました。また、ネバネバが健康にも良いと

次の日になるととろろ昆布が店頭から消えると思ったので、帰りにドンキで買って帰りました。その後、食事のたびにとろろ昆布を食しています。

司法書士 藤村和也 http://www.kfsj.net

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31