無料ブログはココログ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月29日 (日)

吉見町卓球大会

今日、吉見町卓球大会に参加した。予選2位、本選ベスト8でした。

ベスト4は抜けている存在だったので、順当な結果だと思います。でも、全然満足できないし、、、、

多分、5年くらい前だったら、ベスト8に入ると結構満足していました。

この頃の練習量から比べると、いい方だと思います。

来週も試合に出ます。

司法書士 藤村和也

2017年10月27日 (金)

相続登記や住所変更登記で権利証等が必要な場合

相続登記の場合、登記簿上の住所と戸籍上の人物が同一人であることの証明が必要です。

①登記簿上の住所と本籍地が一致(旧本籍地含む) →これで証明する

②登記簿上の住所と住民票(本籍あり)、戸籍の付票で証明する

③ 上記①②で証明できない場合には、権利証、不在住不在籍証明、名寄せの写しなどで証明していきます。

住所変更登記の場合、

①登記簿上の住所から現在の住所地までの変更することが分かる住民票、戸籍の付票などが必要になります。

② 上記①の書類で保存期間経過などで変更を証明できない場合には、現在の添付できる住民票などの他、権利証、不在住不在籍証明、名寄せの写しなどで証明していきます。

司法書士 藤村和也

http://www.kfsj.net

2017年10月25日 (水)

限界を無理やり超える

毎週火曜日、午後9時40分前後からアスリエでトレナーのパーソナルレッスン(ワンツーマン)を受けています。

30分だが、本当にキツイ。やりながら、思わず、絶叫してしまうことがある。 
一人ではできない限界を容易に超えることができる。
一番最後の腹筋メニューが終わると大抵絶叫する。

ときにあまりのキツサに逃げる。クタクタなとき、調子が悪い時は、マッサージに切り替える。しかし、これも痛い。

 

終わった後は、苦痛で上がらなかったり、しばらく立ち上がれないときもあるが、見違えるような体になる。

司法書士 藤村和也

http://www.kfsj.net

2017年10月22日 (日)

あんなに苦しい思いをしたのに

 月曜日から土曜日まで比較的穏やかな日々だった。苦しい筋力トレーングはしたが、卓球の基本練習 フットワーク練習 に比べればなんてことはない。

 正直、先週の日曜日の試合は卓球の苦しい練習ができないほど、嫌気がさした。1試合目は用具の点で失敗した妥協しなければ勝っていたと思う。二試合目は、用具の点はほぼバッチリで自分なりにいい試合をしたと思うが、さすがにマスターズ予選のトップ通過にはかなわなかった。力不足だ。

終わった後は、無力憾で一杯だった。こんな時は大抵、卓球をやめたら楽だし、金もたまるし、、、と思う。でも、「生きる屍」になることが分かっている。

あんなに苦しい思いをしたのに、こんな結果。中々立ち直れない。土曜日は、卓球をしようとしたが、どうせ自信をもってプレーできないと思いしなかった。

司法書士 藤村和也

失礼極まりない

昨日、ガス工事をした。担当者がタバコを吸いながら来たのが分かった。東京ガスだ。
臭い。失礼極まりないヤツだと思った。
急いでなければ設置させない 失礼な会社だ
藤村和也

2017年10月20日 (金)

遺言の文言

 遺言は、要式行為です。公正証書遺言は、公証人が関与するので無効になることはほぼありませんが、自筆証書遺言は、たびたび問題になります。

①妻に全財産を相続させる

②妻に全財産を上げる

③妻に全財産を与える

④妻に全財産を遺贈する

法律専門職が遺言を作成するなら、間違いなく①の記載になると思います。いわゆる「相続させる遺言」です。 ②③も相続として、相続登記が可能です。相続が原因の場合には、単独申請になります。

 

④は、文言どおり遺贈(イゾウ)です。遺贈の場合には、登記は、被相続人と受遺者(本件では妻)の共同申請です。被相続人は、死亡しているので、遺言執行者(遺言か家庭裁判所が選任)か相続人全員が登記の申請人となります。添付書類も遺言、戸籍の他、共同申請として、義務者の印鑑証明書、登記識別情報などが必要になります。

要するに遺贈は、手続きが相続に比べると面倒です。遺言執行者の記載が遺言になければ相続人全員の協力か、家庭裁判所に選任してもらう必要があります。さらに、対抗要件(民法177条)が遺言執行者の記載がない場合にはでてくることもあります。

そのため、法律実務上、相続人に対しては、「相続させる」、相続人以外に対しては、「遺贈」とするのが一般的です。

なお、相続人以外に「相続させる」と記載すると「遺贈」と解釈するのが、登記実務です。

司法書士 藤村和也

http://www.kfsj.net

君の膵臓をたべたい映画 感想

ストーリー

高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

住野よるの小説を映画化。膵臓(すいぞう)の病を患う高校生と同級生の“僕”の交流を、現在と過去の時間軸を交差させて描く。『エイプリルフールズ』などの浜辺美波と『あやしい彼女』などの北村匠海が主演を務め、現在の僕を小栗旬、ヒロインの親友を北川景子が演じる。監督は『黒崎くんの言いなりになんてならない』などの月川翔、脚本は『アオハライド』などの吉田智子が担当。

http://www.aeoncinema.com/cinema2/koshigaya/movie/358951/index.html

先日、こうのすシネマで「君の膵臓をたべたい」と見てきました。ネット上でも好評価です。

あーこのパターンかとも最後思いましたが、さらなる展開があり、ジーンとくるものがありました。

お勧めです。

司法書士 藤村和也

http://www.kfsj.net

2017年10月12日 (木)

息苦しい

 さいたま新都心のゴールドジムに10月1日日曜日に行った。その日の朝に突然、行きたくなった。4ヶ月ぶりに行ったが、当時と同じメニューができた。トレーニングだけで2時間を越えた。終わった後、見違えるような自分を感じた。

 10月8日川越の年代別の試合に出た。準決勝、フルセット10-12で負けた。2セット先取してからひっくり返された。準決勝までいって、商品券をもらったけど納得できなかった。

バックブッロクから、フォアにきたボールに対するカウンターが後半入らなかった。最終セット、6-6くらいのときにロングサーブをミスった。余り考えず、トスした後に、突然、ロングサーブに切り替えたものだった。よく考えないからこんなミスをするのだ

結局、自分の卓球は、パワーが基本だと実感している。トレーナーから、背中の筋力、背筋が弱いと言われいるので、ためしに強化してみる

ただ、どうしてもトレーニングをすると硬くなるので、火曜日までに終わらせて、水曜日以降は、ストレッチや体幹トレーニングし、週末を迎える。

時に、息苦しさを感じるが、、、、

司法書士 藤村和也

 

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31