無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月22日 (月)

「最高の環境でやらせている。東京オリンピックにでるのは当然、金メダルを狙っている

 昨日、卓球全日本選手権一般男子で張本選手が最年少優勝をした。テレビで見ていたけど決勝は、圧倒的だった。水谷選手が後陣に下がって守られるとほとんどの選手がミスを連発するが、張本選手はほとんど打ち抜いた。

 ため息がでるくらいすごかったが、優勝したときに水谷選手と握手しないで父親のところに行ったのが、まだまだ指導が必要だと思った。

 担当の偉関コーチが「最高の環境でやらせている。東京オリンピックにでるのは当然、金メダルを狙っている」と言っていたのが思い出させる。

 今後は、打倒中国が大きな壁となるのだろう。男子卓球シングルで世界選手権、オリンピックで中国選手以外で優勝したのは、2004年アテネオリンピックの韓国のユスンミン選手が最後です。以後、決勝はすべて中国選手同士です。北京オリンピックはシングルの金銀銅メダルを男女独占した。この結果、ロンドンオリンピック以降のオリンピックでは出場選手が1国2名に制限され、銅メダルは中国以外となった。その一人がリオの水谷選手です。

中国のトップは、また別次元の卓球をします。水谷選手をテレビで初めてみたときに才能の塊を思ったが、トップの中国選手にはほとんど勝てません。張本選手には中国越えを果たしてほしいと思います。

司法書士 藤村和也

http://www.kfsj.net

雪かきはトレーニング

 大雪が降っています。以前購入していたスタッドレスタイヤを装着した。アスリエに早めに行って体幹トレーニング等をして帰った。

 雪が積もっています。明日は、雪かきです。雪かきはトレーニングと考えてやります。これでやる気がでます。

司法書士 藤村和也

http://www.kfsj.net

2018年1月21日 (日)

やりきった

 この頃は、水曜日、試合のない日曜日にみっちり筋力トレーニングをしている。水曜日は、19時30分から時によっては、2時間くらいかかる。日曜日は2時間から2時間半くらいかかる。最後の方は息絶え絶えだし、終わった後は「やりきった」と思う。その他、ストレッチをする。日曜日はトレーニング後、大宮に行って1時間くらい初動負荷トレーニングをする。

 火曜日は、腹筋と尻のトレーニングを40分くらいして、45分ピラティスをします。日曜日に試合のない土曜日の夜は、1時間くらい上半身のトレーニングと腹筋をやります。

使えない筋肉はいらない。ジムにいくとただ、でかいだけの者が多い。上半身はでかいけど下半身はほとんどやらない者、腹筋や体幹トレーニングもしない者もいる。

私の卓球には筋力が必要だ。つきすぎと言われたので筋力を落とした時期もあったが、全然だめだった。明らかに威力が落ちます。ただ、連続して打つことが苦手だった。この点は、初動負荷トレーニングによって改善の方向にあります。

 司法書士 藤村和也

2018年1月 8日 (月)

どうしても勝ち切れない

 本日、渋谷区で「唐橋杯卓球大会(渋谷ベテランオープン」に参加しました。初めてだったので2部で参加しました。

 予選リーグ 3-0、2-3 で2位で通過しました。2-3の試合は、ファイナルゲーム8-10からひっくりかえされました。

 本選1回戦 3-0、準決勝3-1、決勝1-3 で準優勝でした。決勝までいけたのは、2位通過だったのが大きかったと思います。1位通過だったら、優勝者にすぐ当たっていました。

 今回は、動体視力強化、初動負荷トレーニング導入後の初めての試合でした。リラックスしてできたと思います。初動負荷トレーニングの効果です。

今回の反省点は、相手を下げた後での連続攻撃にミスがでたのでオールフォアで打ち抜くフットワークを身に着けること、台上処理後に速い球で攻められたときに対応できなかったので対応できるような練習をすることです。

鍵盤断裂手術後、決勝や準決勝までいけることがあるけど、優勝できません。どうしても勝ちきれません。基本練習も重要だけど強い人と試合をする必要があるのかも知れません。

 鍵盤の強化に時間を掛けたので肩のの調子は良かったです。結果、スイングスピードが上がりました。

司法書士 藤村和也

2018年1月 7日 (日)

運命を受け入れる

昨年の5月、自分の運命を受け入れた。同時に最も自分にとって情熱を掲げていたことをもっと納得のいくレベルにもっていこうと考えた。自分は恵まれた環境にいることは分かっていた。
仕事だって恵まれている。20年前憧れた職業にもなれた。当時の苦しさに比べれば、大抵ことはなんてことはない。仕事だって楽しもうと思えば楽しんですることができる。仕事が楽しいことが幸福の一つであることも知っている。
司法書士藤村和也

2018年1月 3日 (水)

僕は明日昨日のきみとデートする(映画)

七月隆文の同名ベストセラー小説を、「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で実写映画化したファンタジックラブストーリー。「僕等がいた」「アオハライド」など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督と脚本家の吉田智子が再タッグを組み、京都の風光明媚な景色を背景に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。美大生の高寿は、通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。勇気を出して声を掛け、会う約束を取りつけようとする高寿だったが、愛美はなぜか泣き出してしまう。意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめるが、そんなある日、高寿は愛美から信じられないような秘密を明かされる。
 

昨年の12月にこうのすシネマで見ました。当時は、右手のトレーニング等が禁止されていてすることも少なかった時期です。非常に胸にくる映画でした。時間もあったので、バックナンバーーの「ハッピーエンド」をカラオケでよく歌ってました。何度も歌ったので、うまくなりました。

 

ふと見たくなって、レンタルで借りてきてみました。やっぱりいい。ハッピーエンドではないけど。

 司法書士 藤村和也

腹をくくる

 昨年の11月上旬から右肩に痛みが走った。嫌な痛みだった。この痛みに記憶があった。高島平中央病院に行くしかなかった。切れていたら、、、、、

 11月7日藁にもすがる気持ちで大宮の「初動負荷トレーニング」に行った。池袋に一時期行っていたが、合わないような気がして辞めた。初動負荷トレーニングの後は肩の動きが改善された。

 11月15日高島平中央病院に行った。5月の以来だった。手術から1年、MRIをとることになた。11月21日MRIをとった。異常はなかった。安心した。ただ「卓球するなら切れることを覚悟しなさいと」言われました。どのくらい打って良いかと聞くと「30分 守れないでしょ」と言われた。やるんだったら切れないかも知れないのだから腹をくくりなさいということです。

 リハビリをすることになった。理想的な体の使い方。肩のインナーマッスルの徹底した強化だった。

 同時に「初動負荷トレーニング」のジムに入会した。肩の動きの改善、股関節の稼動範囲の拡大等に寄与したからだ。他に卓球のときにすごく脱力できたからだ。脱力状態での卓球には中々慣れなかった。ただ、動きが早くなったのは実感していた。でも、12月中旬まで怖くて卓球ができなかった。

 そんな中12月30日の日産追浜の練習会に誘われた。もう腹をくくるしかないと考え、参加することにした。それからは、結構練習した。「初動負荷トレーニング」の効果で脱力した状態で動けるので従来より身体的負担は軽減していた。また、リハビリの効果もでてきた。「初動負荷トレーニング」にも慣れてきた。

 日産追浜の練習会。以前負けた選手にも数名勝つことができた。リハビリの結果、肩の動きは改善された。初動負荷トレーニングによる脱力、肩のスムーズな動き、股関節の稼動範囲の拡大などの結果と基本練習の効果だと思う。

 本当は、初動負荷トレーニングだけでやっていきたかったけど、これは大失敗で力が入らなくなった。従来どおりのパワートレーニングと併用した。日曜日にゴールドジムで3時間近くトレーニングをして帰りに初動負荷トレーニングをやった。火曜日に腹筋トレーニング、ピラティス、水曜日にアスリエでトレーニング、木曜日に初動負荷トレーニングをした。インナマッスルの強化にも励んだ。卓球の基本練習にも励んだ。

 よく見ていた映画もみることがなくなったいった。仕事も励んだ。12月31日、1月1日、1月2日も卓球の基本練習をした。1月2日アスリエで腹筋トレーニングをした。今日は、ゴールドジムでトレーニングをした。

 今でも肩は心配だ。朝起きると動きが悪いと不安になる。寝るまでにストレッチをしないとキツイ。

 卓球をやめればいいのだろうけど、ないとやっぱり駄目。

司法書士 藤村和也

 

 

2018年1月 2日 (火)

8年越しの花嫁 奇跡の実話(映画)

【ストーリー】

結婚式を3か月後に控えていた尚志(佐藤健)と麻衣(土屋太鳳)。しかし、麻衣が病を発症して昏睡(こんすい)状態になってしまう。尚志は、麻衣の両親からほかの女性を探すように諭されるが、彼女のそばから離れようとせずに回復するのを待ち続ける。その後目を覚ました麻衣は、記憶障害に陥って尚志が誰なのかわからない状態になっていた。ショックに打ちひしがれながらも、毎日のように彼女を訪ねる尚志だが……。

岡山県に実在するカップルに訪れた奇跡をベースにしたラブロマンス。結婚を目前に病で昏睡(こんすい)状態に陥り、回復するも相手の記憶をなくした女性と、それでも彼女を愛し続けた男性のおよそ8年の軌跡を追う。監督は『64−ロクヨン−』シリーズや『へヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久、脚本は『いま、会いにゆきます』などの岡田惠和。『るろうに剣心』シリーズなどの佐藤健と、『PとJK』などの土屋太鳳が、カップルを力演。岡山をはじめとする瀬戸内エリアの風景も見もの。

http://www.aeoncinema.com/cinema2/hanyu/movie/360836/index.html

先日、こうのすシネマで「8年越しの花嫁 奇跡の実話」を見てきました。中々良かったです。バックナンバーの主題歌も良かったです。「幸せとは 星が降る夜と眩しい朝が繰り返すようなものじゃなく大切な人に降りかかった雨に傘を差せる事だ」この歌詞がこの映画を物語っています。

本当なら我慢強い。両親にあれだけのことを言われて、、、、本当かな。

司法書士 藤村和也

そっくりだなと思った

 、、、そっくりだなと思った。ふと思い出した。

アスリエの行くようになったのが、平成23年7月だからもう6年半。生活の一部だからないと困る。毎週木曜日は休みなので、行田の古代蓮物語(温泉)に言っているが、面倒だと思う。

 毎週木曜日は、過酷な練習をするので体力回復等のためにも温泉は必須だ。風呂だけでもいいからアスリエがやっていればいいなとも思う。

 今日は、水曜日以来のトレーニングをしたからか結構きつかった。

司法書士 藤村和也

 

 

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31