無料ブログはココログ

« 腹をくくる | トップページ | 運命を受け入れる »

2018年1月 3日 (水)

僕は明日昨日のきみとデートする(映画)

七月隆文の同名ベストセラー小説を、「ストロボ・エッジ」の福士蒼汰&「バクマン。」の小松菜奈共演で実写映画化したファンタジックラブストーリー。「僕等がいた」「アオハライド」など数々の青春ラブストーリーを手がけてきた三木孝浩監督と脚本家の吉田智子が再タッグを組み、京都の風光明媚な景色を背景に20歳の男女の甘く切ない純愛を描く。美大生の高寿は、通学電車の中で見かけた女性・愛美に一目ぼれする。勇気を出して声を掛け、会う約束を取りつけようとする高寿だったが、愛美はなぜか泣き出してしまう。意気投合した高寿と愛美は付き合うことになり、幸せな日々を過ごしはじめるが、そんなある日、高寿は愛美から信じられないような秘密を明かされる。
 

昨年の12月にこうのすシネマで見ました。当時は、右手のトレーニング等が禁止されていてすることも少なかった時期です。非常に胸にくる映画でした。時間もあったので、バックナンバーーの「ハッピーエンド」をカラオケでよく歌ってました。何度も歌ったので、うまくなりました。

 

ふと見たくなって、レンタルで借りてきてみました。やっぱりいい。ハッピーエンドではないけど。

 司法書士 藤村和也

« 腹をくくる | トップページ | 運命を受け入れる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 僕は明日昨日のきみとデートする(映画):

« 腹をくくる | トップページ | 運命を受け入れる »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31