無料ブログはココログ

« 土地の相続登記に対する登録免許税の免税措置の創設 | トップページ | 臥薪嘗胆(故事成語 史記) »

2018年4月17日 (火)

四面楚歌(故事成語 史記)

四面楚歌とは、周囲がすべて敵や反対者で、まったく孤立して、助けや味方がないことです。故事成語ですが、字から意味はまったく分かりません。

由来

「秦の国をほろぼした楚の国の項羽が宿敵の漢の国の劉邦の軍に敗れて、包囲されている時に、深夜になって、劉邦に味方する将軍の韓信が漢軍楚の国の歌を歌わせた。それを聞いた楚の国の項羽は楚の国の兵が降伏してしまったと思い、絶望してしまったことから、この語ができた」

始皇帝で有名な中国の秦が滅亡後、漢の劉邦(後の初代皇帝 高祖)と楚の項羽が覇権を争いました(漢楚戦争)。史記の中に漢楚戦争の記述があります。

項羽は劉邦に対して、連戦連勝でしたが、「垓下の戦い」において劉邦率いる漢に敗れ、死亡しました。四面楚歌は、「垓下の戦い」の最後の方の話です。四面楚歌は漢文としても有名なので大学受験の漢文にもでるほどです。

司法書士 藤村和也

http://www.kfsj.net

« 土地の相続登記に対する登録免許税の免税措置の創設 | トップページ | 臥薪嘗胆(故事成語 史記) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516015/66620650

この記事へのトラックバック一覧です: 四面楚歌(故事成語 史記):

« 土地の相続登記に対する登録免許税の免税措置の創設 | トップページ | 臥薪嘗胆(故事成語 史記) »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30