無料ブログはココログ

« 2021年6月 | トップページ

2021年12月

2021年12月17日 (金)

F1 ホンダ 30年ぶりのドライバーズチャンピオン

 2019年レッドブルホンダが、オーストリアGPで勝利した。その年のUSGPから本格的にF1を見ることを再開した。毎戦みていたのは、2013年が最後だった。2019年 レッドブルホンダのマックスヘルスタッペン(以下、マックス)は3位だった。2020年チャンピオンを期待されていたが、メルセデスに完敗だった。:マックスは、3位。10月には、ホンダが2021年をもってF1から撤退(参戦終了と発表したが、再参戦を期待して撤退)することが発表された。

 2021年ホンダは、新骨格と言われるコンパクト、低重心のパワーユニット(簡単にいうとハイブリットエンジン)を投入。開幕バーレーンGPにてマックスがポールポジション。決勝でもメルセデスのハミルトンとほぼ互角の勝負をし、2位。

 エミリヤロマーニャ(マックス)、ポルトガル(ハミルトン)、スペイン(ハミルトン)

 モナコ(マックス)、アゼルバイジャン(ペレス )、フランス(マックス)、シュタイヤーマルク(マックス)オーストリア(マックス)、シュタイヤーマルク(マックス)で勝利。レッドブルホンダが5連勝。

 イギリス(ハミルトン)、ハンガリー(ハミルトン)、ベルギー(マックス)、オランダ(マックス)、イタリア(リカルド)、ロシア(ハミルトン)、トルコ(ボッタス)、US(マックス)、メキシコ(マックス)、ブラジル(ハミルトン)、カタール(ハミルトン)、サウジアラビア(ハミルトン)

 最終戦 アブダビの時点でマックス9勝、ハミルトン8勝 ポイント同点。

最終戦で前にいた方がワールドチャンピオンだった。マックスは、予選Q2でスタートタイヤ予定のミディアムタイヤをロックさせ使えなくなったため、Q2を決勝不利なソフトタイヤで通過し、Q1でポールポジションを獲得するが、、、、、

①マックス 蹴りだしの良いソフトでもスタートでハミルトンに先行を許す タイヤの有利性が生かせず、離され、ソフトタイヤ(寿命が短い)からハードタイヤに交換、ハミルトンもハードタイヤに交換 

②アルファタウリの角田が、メルセデスのボッタスの前にいき、抑える

③マックスとハミルトンの差が10秒くらいあったが、コースにとどまっていたマックスのチームメイトがハミルトンを巧みにブッロクし、2秒くらいの差になる

④ジョビナッツイーリタイヤによりバーチャルセーフティーカーが出動。マックスが再度、ハードタイヤに交換。マックスが新品タイヤにより、ハミルトンを猛追する。10秒差。

⑤残り5周。ラテフィーがクラッシュ。セーフティカーが入る。マックスがタイヤを新品ソフトに変える。ハミルトンは、タイヤ交換をするとマックスに抜かれる(セーフティカー時のピットストップには14秒が必要だが、マックスとの差がない タイヤ交換するとマックスがタイヤ交換しないので抜かれる)のでできないし、残り周回からこのままレースが終わると想定

⑥このままセーフティカーで終わると思っていたら、突然、後1周レースをすることになった。再開後、新品ソフトのマックス、44周のハードタイヤのハミルトンの対決。タイヤの性能差は激しく、マックス逆点。ワールドチャンピオンとなった。

マックスが抜いた瞬間、テレビの前で「よっしゃー」と叫んだ。ただ、セーフティカースタート時にハミルトンとマックスの間の周回遅れは、抜いていったが、他の者はそのような措置がなかったのでおかしいなと思った。結局、午前0時30分ま余韻を感じ。ぼけーとテレビを見ていた。

最後のセーフティカーが入ったとき、ハミルトンとマックスの差が14秒以上あったら、逆転はなかった。また、ハミルトンのチームメイトボッタスがマックスから14秒以内いたらマックスはタイヤ交換できなかった。角田がボッタスを抑えたこと、ペレスがハミルトンを抑えたこと、バーチャルセーフティカーでマックスがタイヤ交換し、ハミルトンとの差が13秒以内であったこと,セーフティカー先導で終わらなかったこと、セーフティカースタート時にハミルトンとマックスとの間に誰もいなったこと色々は要因あっての逆点だった。最後にF1側がエンターテイメントを求めた(セーフティカーでゴールするとしらけるし、7度のチャンピオンのハミルトンよりマックスの方が盛り上がる)ことも逆転の要因だろう。

ホンダがチャンピオンになったら泣くと思っていたが、最後のごたごたがあったのでそんなこともなかった。でも、ときが経つにつれこれで良かったんだと思うようになった。ホンダを応援していたのだから。ホンダだからマックスを応援したのだから。

ホンダは、撤退するが、2020年レッドブルのPUはホンダ製。名称はレッドブルパワートレインだ。ただ、来年のPUは日進月歩の進化を考えるとメルセデスにはかなり劣ると思う。レッドブルとしては、来年は厳しかったのだ。

ホンダ最高

« 2021年6月 | トップページ