無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2020年2月28日 (金)

不動産売買決済と銀行の応接室

住宅ローンを組めば大抵の銀行は応接室で売買の立会いをします。

ローンを組まない場合でも応接室や場所を貸してくれる銀行もあります。

三菱UFJ銀行で場所も貸してくれなくて立会いをしたことがあります。絶対に自分はこの銀行には口座を作らないと思った。

ある銀行では、同様な立会いで行ったら買主が別支店のVIPで突然、場所を提供した。

もっとびっくりしたのは、VIPが多額の金銭の振込をするときに写真付きの身分証明書すら不要とした。その支店には口座すら無かった。

一度だけある銀行の奥にあるVIPだけが利用できる応接室で立会いをしたことがあります。全然違います。

立会いくらい座ってやりたいものです。

司法書士 藤村和也

 

2011年5月 3日 (火)

消しゴムすら使用できない(平成23年5月2更新)

 今から、10年以上前(具体的には平成10年12月24日から平成12年7月の試験まで)、私が司法書士の受験をしていた頃、大宮に通っていた。私は、プロの受験生だった(朝、5時から8時のアルバイトを除いてほぼ勉強ができる環境だった)。

 大宮のレックの自習室は、朝9時30分から夜の9時まで利用可能だった。受験時代を通して、月曜日から金曜日は、朝9時から午後7時くらいまで自習室で勉強をした。昼間勉強をしているのは、司法試験か司法書士くらいだった。大抵面子は決まっていた。くそまずいブラックコーヒー(インスタントコーヒー)を飲みながらひたすら勉強した。この時期のせいか今もコーヒーはブラックである。

 自習室は、何かを落とせば音が響く、消しゴムを使用する音すら響く、ガムも噛むと音が響くような気がした。やがて自習室での消しゴムの使用をやめ、使用する場合は、自習室の外の廊下でした。私は、問題集を解くことがメインだったので、特に消しゴムの使用は多かった。

 時々、この雰囲気に絶えられずに逃げ出した。近くに当時は映画館があったので、リングゼロなんかを突然見に行った。

 こんな環境に身をおいたことがあるので、今でもこんな状況を好む傾向があります。

司法書士藤村和也 http://www.kfsj.net